2010年 11月 13日

ひつじ田(穭田)

カテゴリ: 写真でみる日々 / 2 コメント

  ← 1日1回クリックで応援お願いします。

 この光景をひつじ田(穭田)というのをご存知だろうか。「ひつじ」;とは刈り取った後に再生する稲のことと辞書には出ている。端末によっては漢字が出ないかも…
 古今和歌集に「刈れる田に生ふる穭の穂出でぬは世を今更に秋はてぬとか」と謳われている。写真は正にそのひつじ田です。先日秋保温泉磊々峡を訪ね、峡から上った時に目の前に広がった光景です。
IMGP4000.JPG

 昨晩、「八五の会」と称する飲み会で出た話題で、ひつじ田という言葉を初めて知りました。「八五の会」とは1985年に高校を卒業させた父兄のPTA、私はその担任、要するにPTAが未だに続いているのである。
 最年長者は傘寿、昨日は古希を迎えられたお二方を祝う会。このPTAは年二回の会を1985年から25年も続けてきたことになる。ちょっと信じられない集まりである。これからも長く続くだろう。

★人気blogランキング ポチッとお願い

このエントリーのトラックバックURL:
コメント

美しい田園風景ですね。見事です。ひつじ田,僕も初めて知りました。

投稿者 by: はまちゃん@カタール at 2010年11月14日 05:14

知らない言葉っていっぱいあるんですね。
最初、何を言われているのか分かりませんでした。
恥ずかしい…

投稿者 by: Muneaki at 2010年11月14日 07:53
コメントを投稿する












名前、アドレスを登録しますか?